マリオカート8デラックスの200ccクリア テクニック

GW特別企画として「マリオカート8デラックス」をプレイして
その感想を記事にしています。

MARIOKART 8 DELUXE

今回は第2回です。

プレイ自体も2日目になります。

昨日は「グランプリ」で「150cc」までをプレイしましたので
今日は「200cc」をプレイしてみたいと思います。

200cc自体はゲーム設定としては最高難度になると思われます。

キノコカップをプレイしてみた結果。

・・・

・・・

勝てません。。

150ccとは全然違います。

2~3回チャレンジしてみましたが駄目です。
惜しいとかいうレベルでなく惨敗に近いです。

それでも、ただ負けたわけではありません。
いくつかの気付きがありました。

今までキャラクターやマシンパーツを、適当にローテーションで使っていましたが
どうやら違いがあるようです。

パーツセッティング画面で「+」か「-」ボタンを押すことで
現在のマシン性能を確認することができたのでした。

ということで、自分が走りやすい組み合わせを考え
しっかりと選ぶようにしました。

MARIOKART 8 Machine Setting

それともう1つ、コースの特徴を覚えました。

マリオカートではコースのルートが1つではありません。
ちょくちょく分岐しています。

どちらも同じようなルートの場合もあれば、距離やカーブの数が違うこともありますし、 片側だけアイテムボックスがあったり、ダッシュできたりということもあります。

ですので、状況に合わせて最適なルートを選ぶようにします。

「マシンパーツの組み合わせ」と「コースの特徴を覚える」とことをした結果、
200ccでもCPUと互角に競えるようになりました。

そして入賞できるようになり、優勝もできるようになりました。

MARIOKART 8 200cc Gold Trophy

同じレースを走ると疲れるので
負けたら別のレースを走るようにして気分を変えます。

「繰り返し同じところを走る」というのもいいですが
「気分を変える」というのもちょっとしたコツですね。

その結果。

MARIOKART 8 200cc Grand Prix

全コースでトロフィーを貰うことができました。

勝てなかったレースに勝てたとき
雪辱を果たした感じがしてスッキリします。

さて、マシンの組み合わせに全然触れていませんでしたが
私の場合、タイヤは滑りがいいタイヤを基本的に使用しています。
マシン本体はレースに合わせて結構変えますが、バイクはそこそこ使います。

レース数をこなせば新しいマシンパーツが増えていきますが
全部そろえなくても手持ちのパーツでなんとかなると思いますので
(私自身なんとかなりましたので)心配しなくても大丈夫です。

最後にですが、テクニックのことを書いていませんでしたね。

テクニック自体は150ccで書いたテクニックに加えて
「ドリフトブレーキ」が必要になります。

200ccではスピードが増してドリフトのみではカーブを曲がり切れないので、このテクニックを習得する必要が出てきます。

関連記事:

 |